他人事ではない介護の備え」について

介護が必要になる時期を前もって知ることはできません。突然その日がやってくるため、パニックにならないように事前に備えておくことが大切です。「他人事ではない介護の備え」はいざというときに慌てないために、事前に知っておくべき介護の情報についてまとめているサイトです。親と話し合っておくべきことや介護にかかる費用、国で行っているサポートなどを詳しく解説していきます。

おすすめカテゴリ

介護の備えは今日から始めよう

介護の備えは今日から始めよう

いつ介護が必要になるかはわかりません。突然身近な問題となるためパニックになる人も少なくありませんが、介護に必要な知識や費用を事前に備えておけば慌てずにすみます。また、介護は心身の負担が非常に大きくストレスをためやすいため、精神的な病気を発症してしまう可能性もあります。そうならないためにはお互いの認識を合わせておくことが大切です。希望の介護の形や費用面について、家族でこまめに話し合う機会を設けるようにしましょう。

NEWS

  • 介護は突然やってくる
    介護は突然やってくる

    厚生労働省の調査によって、要介護と認定されるのは75歳以上の人に多いことがわかりました。親の年齢が75歳前後の人はいつ介護が始まってもおかしくないと考えておきしょう。段差につまずいてよろけたり、電気代やガス代の請求がいつもと違ったりしていたら介護が必要な状態になっている可能性があります。様子を細かく確認していきましょう。

  • 望んでいる介護のかたちを共有する
    望んでいる介護のかたちを共有する

    住み慣れた自宅で介護を希望する人が増えていますが、介護度によって必要となる手助けの程度は違います。自立した生活が送れる状態なら自宅での介護もそれほど難しくありませんが、寝たきりなどの重度の場合は家族よりも介護に詳しい職員がいる介護施設の方がいい場合もあります。本人の希望を優先したいところですが、段階によっては難しくなることも事前に話し合っておきましょう。

  • 介護の人材育成と処遇改善
    介護の人材育成と処遇改善

    医療の進歩により平均寿命は年々延びています。しかしその一方で、出生数は下降の一途をたどっているため、働いている世代よりも介護を必要とする高齢者の方が多い状況です。現在、介護人材不足が問題となっていますが、少しでも多くの人材を確保しようと国もさまざまな対策を講じています。ここでは国が行っているイメージ改善と処遇改善について詳しく紹介します。

公開求人だけではなく非公開求人も数多く保有し、幅広い求人を扱っているきらケアを利用すれば、自分に合う求人を間違いなく見つけることができます。

扱っているすべての求人が公開されている介護21を利用すれば、Webによる施設見学もできるため入職前後のギャップを感じることがほとんどありません。

資格取得支援があり、求人数が多く手厚いサポートが評判のかいご畑を利用すれば、介護業界が未経験の人でも好条件での転職が可能です。